痕跡を消す

綺麗な女性

30代を過ぎた頃からシミが目の下から頬にかけて出てきました。その上、若い時に出来たにきび跡もシミとなって残っている状態です。少しでもシミとにきび跡が薄くならないかと美容関係の仕事をしている友人に相談しました。するとシミやにきび跡を消すには皮膚の代謝を良くし、古い角質を剥がしていく作業をしないと消えないと言われました。人は年を取ると皮膚の代謝が悪くなり古い角質が剥がれず、新しい皮膚が表面になかなか出て来づらくなると言うのです。その為シミやにきび跡が剥がれることが出来ずそのまま残ってしまうそうです。では代謝をあげるにはどうしたら良いかというと、水分と油分を常に保つことが大事とのことです。その為に水分は手作りの化粧水を油分には馬油を使うようにアドバイスをくれました。

アドバイスを受けた翌日から早速、手作り化粧水と馬油を使うようにしました。手作り化粧水は、精製水に尿素とグリセリンを加えるだけという至ってシンプルな化粧水です。材料も安く、大抵のドラッグストアに置いてあり簡単に作ることが出来ます。しかし、防腐剤が入っていない為消費期限は一週間で必ず冷蔵庫で保管しなければいけません。馬油は純正な物を購入しました。使い方としては、洗顔後手作り化粧水を顔につけ、馬油を米粒ニ粒程度の量を全体に薄く伸ばしていきます。この方法で朝晩ニ回ケアをしました。この方法をし始めてニ年経ちましたが、少しずつシミとにきび跡が薄くなってきました。そして何より、肌の調子が良く張りが出てきました。全てのシミとにきび跡が消えるにはまだ時間がかかりそうですが、これからも続けていきたいです。